CAMUS-NET

筋トレ・ダイエット・不動産ビジネス・バンド・音楽について書いていく予定のブログです。

*

女性はプロテインを活用して美容に効果的なダイエットをしましょう!

      2017/05/26


ダイエットに取り組んで痩せられたって人は結構多いですが、筋肉を残して美しくダイエットできている人ってそれほど多くないと思います。

 

体重は落ちたものの、筋肉もかなり落ちてしまって脂肪はそれほど減ってないってケースも結構あります。筋肉が減ってしまっているので基礎代謝量が減り、リバウンドしやすいケースですね。

 

筋肉を残しながら適切なダイエットをするには適切な運動と適切な栄養管理が必要です。プロテインは栄養管理をしやすくしてくれる優れたサプリメントです。



プロテインがなぜダイエットに役立つか

プロテインの低カロリー・高タンパク質という栄養成分の特性がダイエットに役立ちます。

 

ダイエットは基本的には消費カロリーを摂取カロリーが下回らなければいけないので、どうしても多少のカロリー制限が出てきてしまいます。通常プロテインを摂らない場合、カロリー制限と同時に肉・魚を通して摂取するタンパク質の量も減り、筋肉が落ちていってしまうという悪循環に陥ります。

 

人間の体は常に筋肉の結合と分解を繰り返しているのですが、タンパク質の摂取量が少ないと血液を通して栄養を筋肉に送れず、血中アミノ酸濃度が下がり、筋肉の分解が結合を上回った状態が続き、筋肉が徐々にやせ細っていってしまいます。

 

プロテインの良い所カロリーをそれほど取らずに豊富なタンパク質を摂取できる点です。3食の食事以外にプロテインを一日あたり2・3回くらい飲めば常に筋肉にタンパク質を送り続ける状態を維持する事が可能になります。

 

ホエイプロテイン・ソイプロテイン・ガゼインプロテインを使い分けるとダイエットに効果的です。

プロテインには

・ホエイプロテイン

・ソイプロテイン

・ガゼインプロテイン

3種類があり、それぞれ吸収速度や分解時間が異なります。

 

牛乳から作られるホエイプロテインは最も吸収速度が速く、1~2時間で体内に吸収される為に、出来るだけ早くタンパク質を吸収する必要がある筋トレ直後に飲むのが最適です。筋トレ直後は筋肉合成のゴールデンタイムと呼ばれているので出来るだけ早くタンパク質を摂取し、血中アミノ酸濃度を上げる必要があります。しかし血中アミノ酸濃度が通常レベルに戻ってしまうのも早く、就寝前などに飲むには向いていないプロテインです。

 

一方、大豆から作られるソイプロテイン・牛乳から作られるガゼインプロテイン吸収が遅い代わりに体内の血中アミノ酸濃度を高いレベルで長く維持してくれる為、長時間栄養を摂取できない就寝前とか、長時間食事が出来ない時に飲むのに向いています。

 

プロテインを飲むと太る?総カロリー摂取量によります。

プロテインを飲むと太るんじゃないか?っていう声を度々聞きますが使い方次第です。

 

カロリーが少ないとはいえ多少のカロリーがあるので、今まで通りの食事にプラスしてプロテインを摂取すればそれは多少太ってしまいます。逆に今までおにぎりとか食べていた食事の代わりにプロテインを摂取すればむしろ痩せていきます。

 

基本的にダイエットの時は摂取カロリーを消費カロリーより低くしているはずので、プロテインを飲んでも太ることはありません。

 

プロテインを飲むと筋肉がつきすぎる?

プロテインはステロイドなどの筋肉増強剤では無く、ただのタンパク質なので余程の負荷を加えたトレーニングをしない限り筋肉がどんどん肥大していくことはありません。

 

女性は男性に比べて筋肥大に直結するホルモンである男性ホルモン、テストステロンが少なく、筋肥大しにくい点を考えても心配する必要は無いです。

 

どうしても心配な人はウエイトトレーニングをせずに、自分の体重を使った自重トレーニングにとどめておけば良いと思います。

プロテインは水と飲む?それとも牛乳?

好みにもよりますが、どちらかと言えば牛乳と混ぜた方が美味しいとは思います。ただ牛乳はカロリーが結構あるのでダイエットしている時は水の方が無難かなぁと思います。

 

あと最近のプロテインは基本的にそれなりに美味しいので水で飲んでも問題無いです。

 

プロテイン以外に青汁等を飲むと美容対策はより完璧に。野菜を一杯食べるのでもオッケーです。

タンパク質はプロテインで補えます。ただそれだけでは美容効果は今一つです。

 

適切な量の食物繊維、ビタミン、ミネラル等を摂らないと便秘になってしまいます。便秘は肌荒れ、老化の原因になるので美容の敵。食物繊維は便に水分を含ませ、便を重くし、便意を催させる効果と、腸の活動を活発化させる効果があります。目的は美しく痩せるということなのでタンパク質以外の栄養素も重要です。

 

緑黄色野菜をたくさん食べれば文句無しなのですが、野菜は結構高いし、量を食べるのが大変です。そんな方には一杯あたりペットボトル飲料くらいの値段で飲める青汁をおすすめします。食物繊維、ビタミン、カルシウムなどがたっぷり入っていて美容対策としては良いと思います。

 

まとめ

以上、プロテインに関しての記事でした。

 

プロテインは上手に利用すれば、効果的なダイエットを行う手助けになるサプリメントなので是非取り入れてみて下さい!

 

関連記事:プロテインの効果と種類、おすすめの飲み方について。

 




 - ダイエット

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です