CAMUS-NET

筋トレ・ダイエット・不動産ビジネス・バンド・音楽について書いていく予定のブログです。

*

筋トレが続かない原因を考えれば継続する方法が見えてくる!

      2017/05/26


筋トレが続かない・・・今回はそんな人に向けた記事です。

 

筋量を増やしたり、筋力を伸ばしたりするのにはある程度の期間、継続が必要になります。筋トレが続かない原因を列挙し、その解決法を書いていきたいと思います。



筋トレが続かない主な原因とその解決法

■単純に筋トレがつらい・きつい

何でわざわざ苦しい思いをしてこんな事してるんだろう・・

 

と筋トレしてて感じる人は多いと思います。特に運動する習慣が無かった人で、また筋トレの魅力を味わっていない人に多いですね。そんな人はあまりきつくない種目から気軽なスタンスで筋トレに取り組んでいきましょう。

 

個人的に考えるきつい種目・きつくない種目を挙げてみます。

 

「きつい種目」

フルスクワット、デッドリフト、レッグプレス、レッグカール、レッグエクステンション、ベントオーバーローイング、バーベルカールなどなど。

基本的に下半身を使う種目とか多関節種目は心肺に負担が大きいのでバーベルトレーニング、マシントレーニングに関係なくかなりきついです。きつくなる手前までやって終わるとか、心肺に負担がかからない低回数のトレーニングで終える(1セット5回が限界の重さ、もしくはそれ以下の回数※ただしフォームが固まってから取り組まないと危険)という方法でトレーニングに励むのが良いかと思います。

 

「きついのかきつくないのか微妙な種目」

懸垂(チンニング)、ディップス、バーベルショルダープレス、サイドレイズ、フロントレイズ、リアレイズなど。

今挙げた種目は高回数でやると結構きつい気がします。

 

「きつくない種目」

ベンチプレス、プルオーバー、ライイングトライセップスエクステンションなど

ベンチプレスは効果が高い割にあまりきつくないです。ジムに行き始めの頃はベンチプレスを主体としてトレーニングに取り組み、筋力が伸びたりして効果を感じだし、筋トレが徐々に好きになって来たらフルスクワット、デッドリフトなどのきついトレーニングも加えていくのも良いと思います。

 

結局の所、筋トレの効果が体に出始めたり、筋力が伸びる楽しさを実感してくると、多少きつくてもやりたくなってくるものなんですよね。筋トレを好きになるのが今回のケースの解決法になると思います。

 

■筋トレへのモチベーションの低下

昔は筋トレが好きだったのに筋トレへの意欲が下がってしまい、ジムに行かなくなるケース。これも結構あると思います。

 

主な理由としては筋力・筋量の伸び悩みが原因として確実にあると思います。これはある程度継続しているとほとんどの人が経験する事かと思います。

 

筋力、筋量の伸び悩みを打破する為に何が必要か?私としては、

 

①トレーニングで選択する重量を変えてみる(5×5セット法、GVT法がおすすめ)

②栄養を増やす

 

この2点になるかと思います。

 

トレーニングの重量設定を変えてみる事は結構みなさんやっているかと思いますが、今回は筋力向上に効果がある5×5セット法と筋量向上に効果があるGVT法を紹介します。まだやった事無い人は取り入れてみて下さい。両トレーニングとも基本はベンチプレスやフルスクワットなどの多関節種目でやるのが主流のトレーニングです。

 

「5×5セット法」

・毎セット同じ重量を扱い、最後の5セット目の5回で限界を迎える重量設定を行う。

・インターバルは3分以上がおすすめ。

 

これは毎セット追い込まないので若干物足りなさは感じるかもしれませんが筋力向上効果はあるトレーニングです。

 

伸び悩みを打破し、ある程度の筋力になったら結局また伸び悩むのですが、ある程度のレベル(ベンチプレス80kgとか)に達すると伸び悩んでいても筋力を落としたくないのがモチベーションになります。ある程度貯めた貯金を崩したくないのと同じだと思います。そのレベルになるまで頑張りましょう。

 

「GVT法」

・マックス重量の50~60%を扱い、重量を変えずに10回10セット行う。

・インターバルは1分くらい

 

このトレーニングは滅茶苦茶きつく、体への負担も大きいので休養には気を使ってください。

 

また、筋力・筋量の伸び悩みを打破するのには栄養面への気配りも欠かせません。せっかくトレーニングで追い込めたのに栄養が不十分だと筋肉が分解されてしまい超回復も起きない可能性があります。

 

個人的におすすめしたいのはBCAA!筋肉は合成と分解を繰り返しているのですが、その分解を抑えてくれるサプリです。それまで分解と合成が均衡して筋量が増えなかったとするならば、分解する分が減ればその分合成する分が勝ってくるので筋量が増えやすくなります。筋量が増えれば筋力も伸び言うことなしです。また、筋肉痛の回復も若干早くなる感覚があります。

 

 

■忙しくて筋トレに割く時間があまりない

社会人の人には多い原因かもしれません。ジム行くと往復とトレーニング時間で1時間以上は確実にかかってしまいますから。ましてやジムでベンチプレスとかスクワットやりたい時に順番待ちしなければいけない場合もありますからねー・・

 

そんな場合・・・

 

広めの家に住んでいる社会人の方はパワーラックを自宅に購入することをおすすめします。買う時はパワーラック・バーベルセットそろえるので最低7万くらいします。しかしジムに行かない分会費も浮かすことが出来、半年くらい使えば元が取れてしまいますし、やりたいトレーニングをいつ・どの時間でもできるので30分くらい時間をとれれば充分です。

 

また有名なメーカーのパワーラックはセーフティバーがついているのでスクワットやベンチプレスで追い込みたい場合でも安心してトレーニングすることができます。僕も以前ボディメーカーのパワーラックを使っていました。お金に余裕がある方は検討してみて下さい!

 

 

 

まとめ

今回の記事は以上になります。筋トレが続かないのはあなたに根性がないからではありません。

 

原因を知れば解決できます。今回の記事が役に立つようなものであれば幸いです。

 

それでは。




 


 - 健康・筋トレ・フィットネス

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です