CAMUS-NET

筋トレ・ダイエット・不動産ビジネス・バンド・音楽について書いていく予定のブログです。

*

筋トレにタバコは弊害となるのか?

      2017/05/26


「筋トレしているけどタバコも吸うよー」って人は結構いると思います。

 

僕自身は筋トレを始めた当初は吸わなかったのですが、途中から吸うようになりました。

 

吸わなかった時と比べて筋トレの時に変化を感じる事があったので載せてみます。

 

あくまで個人的な意見ですのでさらっと読み流して頂ければと思います。



トレーニング後のパンプアップの度合いが減った

トレーニングすると筋肉に血液が送られパンプアップするのは周知の事実。

 

タバコを吸うようになってから(一日1箱くらい吸っています)、パンプアップの度合い、継続時間が明らかに減りました。タバコを吸う事によって体の隅々にまで血液を送り届ける能力が少し低下してしまったのかもしれません。

 

ウエイトトレーニングでは一般的に「筋肥大とパンプアップは関係性がある」という説があり(正しいかどうかはわかりません)、その説が正しいとするなら、筋肥大の能力はタバコを吸う事によって少し落ちてしまうんだろうな、といった感じはします。

 

僕自身は実際のところ、トレーニングすれば筋肥大はしていますし、筋力も上がるのでタバコを吸っていてもトレーニング効果はある程度あるんだなと思いますが、吸わなければもっと肥大し、筋力も上がっていた可能性も否定できません。

タバコを吸うとテストステロン値が下がる

タバコを吸うと筋肥大と密接に関係がある男性ホルモンのテストステロン値が下がると言われています。

 

これは筋肉には明らかに悪い影響がありますね。

 

出来るだけ筋肥大したい人はタバコを吸うのはやめた方が賢明でしょう。

 

関連記事:テストステロンを増やす!筋肉の成長に大きく関係するホルモン。

 

フルスクワットの時の息切れが凄い

タバコを吸うようになってからフルスクワットをした時の息切れが凄くなりました。

 

これはあきらかに良くない影響です。

 

多レップ(回数)のスクワットのトレーニングはちゃんと追い込めない様な気がします。

 

低レップ(5回以内)のトレーニングの場合はさほど影響がありません。

 

高レップのスクワットトレーニングが好きな人は吸うのをやめた方が良いかと思われます。

 

筋トレの後の回復力は低下するのか?

個人的にはあまり回復力が低下した感じはしないです。ただ一般的には筋トレの後の超回復の速度が遅くなると言われている様です。

 

まとめ

タバコは嗜好品としての価値は個人的にはあると思っているのですが、筋トレの効果にはやはり悪い影響があると思います。

 

ストイックにトレーニングをしたい人は吸わない方が賢明だなあ、というのが個人的な感想でした。

 

それでは!

 




 - 健康・筋トレ・フィットネス

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です