CAMUS-NET

筋トレ・ダイエット・不動産ビジネス・バンド・音楽について書いていく予定のブログです。

*

ライザップ終了後もリバウンドしない食事方法は意外に簡単です

   


パーソナルトレーニング業界のトップリーダーと言えるライザップ。

 

次々にクライアントをダイエットに成功に導き多くの人たちの人生を変え続けています。

 

しかしネット上ではライザップを辞めるとリバウンドする、と指摘があるみたいです。

 

個人的な見解で言えば、ライザップを終了して、その後トレーニングを習慣にしても毎食時に炭水化物、糖質を摂るようになってしまうとそうなるだろうな、といった感想です。

 

痩せる前と同じ代謝を超えたオーバーカロリーな食事内容に戻してしまうとそれは太ってしまうのも当然だと言えます。筋肉が増えれば代謝も増えますが3食全て糖質を摂った分だけのカロリーは消費できません。

 

結論から言うとリバウンドに関してはライザップが悪いわけではありません。

 

ライザップでは糖質制限を導入しているので終了後糖質を摂りたくなるのはわからないでもないですが。

 

今回はライザップを終えた後でもリバウンドしない為の糖質との付き合い方について書いていきたいと思います。

 

これからライザップを検討する、という人もこの記事を読んで安心してライザップに挑戦して頂ければ嬉しいです。

 

ライザップをやっている時ほど糖質は制限しなくてもスタイルは維持できる

ライザップの糖質制限は結構ストイックです。基本的に米やうどん、パスタ、そば、パンなどは一切食べません。

 

しかし肉や一部のお酒(ウイスキーや赤ワインなど)は食べたり飲んだりしても良いのでそれほど苦しくは無く、空腹感もないので多少苦しくても続けられると思います。徐々に痩せていく喜びも頑張りを後押ししてくれると思います。

 

重要なのは痩せた後。ライザップをやっていた時の様にその後も完全に糖質を制限しても大丈夫なんですが、糖質が好きな人には難しいかもしれませんね。

 

そこで私がおすすめするのはスタンダード糖質制限です。

 

スタンダード糖質制限とは?

スタンダード糖質制限とは朝か昼、一日一食だけ糖質をある程度摂取しても良という糖質制限です。

 

一日一食でも糖質をある程度摂取できるのは結構違います。

 

実際私もスタンダード糖質制限をやっていますが、ストレスがほとんどありません。

 

むしろ一日一回の糖質摂取が自分へのご褒美の様に感じ、楽しみが増えた感じです。

 

ライザップで導入している3食全てで糖質を制限するのはスーパー糖質制限といい、最もストイックな方法です。スーパー糖質制限でガンガン痩せていきますが、その後さらに絞れなくても維持できれば良いという人はスタンダード糖質制限で充分だと個人的には思います。

 

夕食だけ糖質を摂らないプチ糖質制限というのもあるのですが、これだと人によっては徐々に少しづつ脂肪が増えていってしまうかもしれません。

 

是非、スタンダード糖質制限をやってみて下さい。

 

スタンダード糖質制限でも私個人は減量できていますし、若干歯周病気味だったんですが、それも治って良い事づくめです。体調もとても良いですし。

 

最後に

 

以上、ライザップ終了後でも以外に簡単にリバウンドは防げる、という記事でした。

 

これからライザップに挑戦する人も一度無料カウンセリング受けてみるのも良いかと思いますよ。

 

トレーナーの方々も狭き門をくぐってきた人達なので優秀ですし、何より凄いのは実際にダイエットに成功に導いた人達の膨大なデータをライザップは持っているという点です。

 

日々数多くのデータが集積していっているので、どうすれば効果的に痩せていけるのかという点について日々圧倒的な進化を続けていっている会社と言っても過言ではありません。

 

料金は決して安くはないです。

 

現在、一括払いで2か月コースで348,000円となっています。

 

しかし、自分の理想のスタイルに近づく事で自己肯定感が強まるのは人生において明らかにプラスですし、自分を変えられたという自信は仕事にも生きてくると思います。営業やっている人等は第一印象が変わるので営業成績が良くなる可能性も高いと思います。

 

最大回数の分割払いを選択すれば月々約1万まで支払い額は抑えられるので、自分への投資をする、と決断した方は挑戦してみてはいかがでしょうか?



 - 健康・筋トレ・フィットネス

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です