CAMUS-NET

筋トレ・ダイエット・不動産ビジネス・バンド・音楽について書いていく予定のブログです。

*

スポーツジムで使う靴の失敗しない選び方!

   


スポーツジムに行くとなると必要なのがシューズ選び。

 

種類がたくさんあるので選び方で迷ってしまうと思います。

 

今回はスポーツジムではくシューズの失敗しない選び方について書いていきます。

 




 

有酸素運動を重視する場合は軽くて底が柔らかい靴を選ぶ

バーベルを使ったウエイトトレーニングであるデッドリフトやスクワットなどを行わず、ランニングやエアロバイクなど有酸素運動を重視する場合は軽くて底が柔らかいクッション性がある靴を選びましょう。

 

靴が重いとランニングとかやる気が失せます。

 

個人的にはランニングする時はデザインがカッコいいのもあり、NIKEのものを使用しています。軽くていい感じですよ。

 

 

 

 

デッドリフト・スクワットをやる場合は底が固い靴を選ぶ

デッドリフトやスクワットなど高重量を扱うトレーニングをやる場合、底が固い靴を選びましょう。

 

なぜかというと、扱う重量が増えてきたときに底がやわらかい靴を履いていると底がつぶれてバランスがとりづらく、重心がぶれて危険だからです。

 

特にナイキの底にエアーが入っているシューズはデッドリフトやスクワットには不向きだと思います。

 

おすすめなのはレスリングシューズ。底が固く、足首のグリップ感も良い感じです。ちなみにアシックスが品揃えが良いです。

 

 

 

 

 

 

自分の足の形に合ったメーカーの靴をはくようにする

足の形は人それぞれ。

 

メーカーによって多少違いがあります。

 

アシックスやミズノなど日本のメーカーは日本人向きにしてあるので甲高、幅広の人でもいい感じにはく事が出来ます。

 

一方NIKEなどの海外のメーカーのものは若干幅が狭かったり甲が低かったりします。私はNIKEの靴もランニングで使っています。本来は甲高、幅広の自分の足には合いにくいのですがデザインがカッコいいので気に入って使ってました。ただやはり自分の本来のサイズだと幅がきつかったので1cmほど大きめのものを買ってはいていました。

 

本格派なウエイトトレーニーにおすすめな商品

実は知っている人いるかもしれませんが、ウエイトリフティング用のシューズもあったりします。

 

かかとが高く、つま先にいくにしたがって底が薄くなっている特徴があり、足首に違和感がなくスクワットをすることができます。

 

足首が固く、うまくスクワットできない人には是非ともオススメしたいシューズになります。

 

ただ滅茶苦茶高いです。お金に余裕がある人は検討してみてください!

 

 

 

 

 こんな変わったシューズもあるよ

変わり種としてはこんなものも。

 

ビブラム社のファイブフィンガーシリーズという商品があります。

 

5本の指のところが足袋のように分かれていて、地面を指でつかむ感覚を得る事ができます。

 

また軽量で、底が薄いのでウエイトトレーニングに向いている靴になります。

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上になります。

 

スポーツジムでの靴選びは結構重要。快適にトレーニングできればトレーニング効果も結構違いが出てきます。

 

それでは!




 - 健康・筋トレ・フィットネス

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です